女性用バイアグラを飲んで効果を実感

女性用バイアグラは効果があるの?

 

現在、日本で販売されている女性用バイアグラはピンクバイアグラとも呼ばれ、幾つかのバイアグラがあります。性生活に悩みを抱える女性の中にはこれまで男性用のバイアグラはあるのに、なぜ女性には男性用のバイアグラのような薬はないのかと疑問に思っている女性もいたでしょう。男性用のバイアグラは1998年にアメリカで開発され承認されたことで販売が開始されました。そしてそれから遅れて2015年に女性用バイアグラの商品化がアメリカで認められており、現在では日本でも幾つかの女性用バイアグラがネット上で販売されています。

 

■女性用バイアグラは日本でも販売されている

 

日本でも販売されている女性用バイアグラがレディグラやラブグラです。男性用バイアグラは勃起を促進させる働きがあるのに対して、これらの女性用バイアグラは服用することで膣内の感度を上げる効果があります。男性用も女性用も効果としては血流の流れを良くすることに変わりはありません。
正しく飲むことで効果を実感することができ、男性用バイアグラと同じように女性用バイアグラも空腹時に服用します。セックスの1時間前ぐらいまでに時間を逆算して服用することで効果が現れます。効果が続く時間は5時間から6時間程度となっており、その間であれば感度がアップして快感を得続けることができます。
また中には女性用バイアグラに対して媚薬のようなイメージを持っている人もいますが、女性用バイアグラを飲んだからと言って無条件で性的欲求が高まるわけではなく、感覚的な性的刺激によって反応します。

 

女性用バイアグラを体験した感想

■不感症だと思っていたがバイアグラの効果で間違いだったことに気づいた

 

・30代・女性

 

結婚をして6年が過ぎても子供に恵まれず、夫婦生活の頻度も以前と比べると減っており、自分自身はセックスが減っても特に問題はなかったのですが、なんとなく夫の悪い気がしている状態が続いていました。セックスの頻度が減っても外で他の女性と浮気をするのは許せないですが、実際に浮気をされても文句も言えないような気さえしていました。
たぶん、私はセックス自体がそんなに好きなわけではないと思います。一時期は自分が不感症ではないのか?と悩んだ時期もありました。
セックスレスが続いている中で女性用バイアグラの服用を提案してきたのは夫でした。半信半疑でしたが夫のことは愛していましたので、女性用バイアグラの中でも安価なジェネリック品のラブグラを試しに購入して服用してみることにしました。
服用してすぐは特にこれと言って体の変化を感じることなく、いつも通りでしたが行為がスタートしてすぐにキスで濡れている自分に驚きました。まだ触れられてもいないのに、下半身が熱くなるのを感じ、愛撫でもこれまで感じたことがないぐらい気持ちよくなってしまいました。はっきり言って今までのセックスがなんだったのか自分でもわからないぐらいです。何度もオーガズムに達し、私は不感症ではなかったことに気づかされました。
今では何年もセックスレスだったのが嘘のように主人との性生活が充実しています。

 

■セックスでイったことがない人にオススメです!

 

・30代・女性

 

インターネットで安価な価格で購入することができるジェネリック品のラブグラを使用しました。はっきり言って服用するまでは女性用バイアグラと言われてもピンとこず、効果もあまり期待はしていませんでした。元々これまでのセックスでイったことがなく、それでもパートナーとベッドをともにするのは楽しい、心地よいと感じていたので特に大きな不満はなかったのですが、女友達がセックスの良さなどを自慢していると快感を得たいという気持ちが強くなり、羨ましいと感じていました。
服用してのセックスでは性器や周辺の感度がものすごくよくなったのを実感しました。指だけでイカされてしまい、何度も絶頂に達しました。今までのセックスでイったことがないという女性には是非試してもらいたいです。