バイアグラの副作用と服用できない人

バイアグラの副作用と服用できない人とは?

性生活において勃起が不十分であったり、勃起状態を維持することができないために満足することができず、中には男性としての自信をなくしてしまう男性も少なくありません。
勃起不全や勃起障害を総称してEDと言い、現在ではED治療に効果的な薬が多く登場しています。その代表となるのがバイアグラです。バイアグラはED治療をする上で効果は絶大であり、ほとんどのED患者はバイアグラを服用することで勃起不全の改善を実感しています。ですが副作用や服用できない場合をしっかりと理解した上で服用しなければ事故に繋がる可能性もあります。

 

・バイアグラは世界で初めて認可を受けて発売された
ED治療薬として先駆けとなり世界で初めて認可を受けたのがバイアグラです。1998年にアメリカのファイザー製薬が開発し、販売を始めました。元々は狭心症の治療薬として開発され、大規模な臨床試験を行っていたのですが狭心症の治療薬としての効果は期待することができませんでした。そこで臨床試験は中止となりました。
・狭心症の治療薬の被験者が薬の返還を渋った

 

臨床試験で狭心症の治療薬を服用していた患者に臨床試験が中止されたことから治療薬の返還を求めたところ、なかなか返還をしたがらなかったことから製薬会社が問い詰めたところ勃起不全に効果があることがわかったのです。この頃は狭心症の薬の副作用が発起効果だったのかもしれません。
この効果からファイザー製薬は狭心症の薬をED治療のための薬として開発し、販売になったのです。ちなみに狭心症の治療のために使われていた薬はシルデナフィルと呼ばれ、バイアグラの主成分となっています。

 

バイアグラの副作用について知ろう

 

バイアグラを服用した約9割の人が顔のほてりやのぼせ、鼻づまりなどの症状を感じます。これが一般的なバイアグラによる副作用であり、バイアグラには血管を拡張する効果があることから顔のほてりやのぼせ、鼻づまりなどの症状が起こります。アルコールを摂取すると血流がよくなることから顔や体が熱くなったり鼻が詰まつことがありますが、それと似ています。また視神経の血管にも作用することから物が青みがかって見えることがあります。これらの症状は考え方を変えればバイアグラの効果が出ているということになるので、バイアグラの効果が切れるとともに副作用の症状も治まります。
ですが副作用の中でも厄介なのが頭痛であり、軽い場合は問題ないのですが重い場合は性交にも支障が出てしまうでしょう。鎮痛剤などを使用するのも良いのですが、あまりにも頭痛がひどい場合にはバイアグラの量を減らすなどできるだけ鎮痛剤を使わないようにしましょう。まためったにない副作用ですが、まれに起こる可能性があるものとしては心筋梗塞や失神、前立腺疾患などがあります。
バイアグラの効果が切れても副作用だけが残り、長く続く場合には医師の診察を受けるようにしましょう。

 

バイアグラを服用してはいけない人

 

バイアグラを服用する際には副作用などを理解した上で服用しなくてはならないのですが、もっと重要なのが服用することができない人がいるということです。
アメリカでバイアグラの販売が開始されてすぐは日本では認可が下りておらず、海外から個人で輸入するしか方法はなく、正しい知識を持たないまま服用する人が増えたことで事故が起こったことで日本では異例の早さで認可を受けることになりました。
とは言っても現在日本で処方を受けることができるのは25mg、50mgとなっており、100mgは海外から入手する他ありません。また個人で海外から入手するのは違法ではないため、初回は医師による処方を受けても二回目以降はインターネットで個人輸入代行などを利用して入手する人も増えています。二回目以降の場合は自分が服用することができるのかできないのかに関しては理解している人も多いのですが、初めてバイアグラを服用する人で医師を通さずに服用をする場合には服用できない場合に自分が該当していないか調べる必要があります。

 

・バイアグラを服用できない場合

 

服用できない項目を禁忌と言います。禁忌の意味はしてはいけないことなどタブーを意味し、バイアグラの場合は服用してはいけないことという意味になります。

 

・バイアグラを服用できないケース

 

1. 女性
2. 未成年
3. 重い心臓病、肝臓病などを患っている場合
4. 重い脳血管障害を持っている場合
5. ニトログリセリンなどの硝酸薬を服用している場合
6. 網膜色素変性症の場合

 

・医師による判断が必要なケース

 

1. 低血圧の場合
2. 高血圧の場合
3. 糖尿病患者
4. 65歳以上の高齢者
5. 薬物アレルギーの場合
6. 持病による服用中の薬がある場合
7. 消化性潰瘍や出血性疾患を抱えている場合
8. その他、性行為が不適当を考えられる場合

 

などがあります。インターネットサイトによっては日本国内では未承認となっているED治療薬などもあるので、この場合は全て自己責任での服用となることからしっかりと情報を収集して検討するようにしましょう。