バイアグラは男性を救う

バイアグラの効果と副作用について

勃起障害や勃起不全を総称してEDと呼び、男性にとってこのEDに陥ってしまうことは性生活へ大きな影響を及ぼしてしまい、男性としての自信を失ってしまうものでもあります。近年ではED治療が一般的な治療となり、泌尿器科などで相談をするとED治療薬を処方してもらうことができるようになっており、ED治療に使われるバイアグラなどはポピュラーな薬となりました。

 

バイアグラはED治療のために世界で初めて認可された薬です。アメリカのファイザー製薬が開発し販売を始めました。
主成分はシルデナフィルであり、元々は狭心症の薬と開発されていたものです。狭心症の治療薬としての効果は薄かったことから臨床試験は中止されたのですが、臨床試験で服用していた患者がなかなか薬を返還したがらなかったことから不思議に思った製薬会社が問い詰めたところ発起効果があることがわかり、バイアグラを開発することになりました。これが1998年のことなので、比較的新しい薬となります。

 

・バイアグラの効果とは

 

バイアグラは性的な欲求や興奮を上げるものではなく、視覚的な性的刺激や感覚的な性的刺激があった時にのみ反応して勃起するもので、バイアグラを飲んでも性的刺激がなければ反応することはありません。

 

・バイアグラの副作用とは

 

バイアグラを服用した9割の人が感じるのが顔のほてりやのぼせ、そして鼻づまりがあります。これらの症状がバイアグラによって血管が拡張されることで起こるものであり、バイアグラが効果を発揮しているからこそ出てくる副産物のようなものでもあります。基本的にはバイアグラの効果が切れるとともに副作用の症状も治まります。また視神経の血管にも作用することからまれに物が青みがかって見えることもありますが、すぐに消えてしまうので問題はありません。また頭痛が起こることもあり、軽い頭痛であれば問題はないのですが重い場合にはバイアグラの量を減らすことも考えましょう。

 

勃起のメカニズムとバイアグラ

 

バイアグラは勃起不全や勃起障害を治療する薬です。では男性器の勃起のメカニズムはどのようになっているのでしょうか。そしてバイアグラはどのように作用しているのでしょうか。

 

・性交を行う際には十分な勃起ができないと困難になる

 

十分な勃起ができない、または維持することができなければ性交は困難なものとなります。あまり実感がなくてもこれまでの性交では満足できていいたのに、いつからか満足できない状態になってしまっている場合は勃起不全や勃起障害の可能性が高くなります。
正常な勃起の場合は性的興奮が脳に伝わると脳から信号が送られ神経を通じて陰茎に伝わります。そこから陰茎海綿体にある動脈に血液が流れ込み、陰茎海綿体はスポンジ状になっているので流れ込んだ血液を吸い込んで陰茎自体が大きくなります。これが正常な勃起です。
勃起不全や勃起障害の場合はこの正常な流れが上手くいっておらず、動脈の広がりが十分ではない、勃起に必要な神経系にダメージを受けているなどによって勃起するのに時間がかかったり、十分な硬さを維持することができないなどの問題が生じます。

 

・バイアグラがどのように作用するのか

 

ED治療薬であるバイアグラを使用することで海綿体に血液を送るのを阻害しているPDE-5の働きを抑制して海綿体に十分な血液を送ることで勃起させます。
バイアグラを使用することで十分に勃起することが叶います。

 

EDの原因として考えられるものは4つある

 

勃起不全や勃起障害などEDの原因として考えられるものは4つあります。

 

・加齢によるもの

 

様々な原因がある中でも加齢によるEDは避けて通ることができないものです。年齢を重ねることで性欲や勃起などの機能が低下し、衰えていきます。生活習慣病の一つである動脈硬化などによって血液の流れが悪くなることが大きな理由となっており、血流の流れが悪くなってしまうと当然のことながら陰茎の海綿体に送るはずの血液も送ることが出来なくなってしまったり、送りにくくなってしまうことで勃起不全や勃起障害に繋がってしまいます。

 

・精神的な問題によるもの

 

精神的な問題から勃起不全や勃起障害に陥ってしまうものを心因性EDと言います。この場合は加齢によるものなどとは違い、年齢に関係なく若い人にも起こるものであり、仕事のストレスはもちろんのこと女性との関係を上手く構築することができないことへのプレッシャー、過去に性的なトラウマがある場合などにも起こります。性的な失敗を繰り返したことや虐待を受けたことで性行為に対して県央感を強く抱くことで勃起しないという人もいます。

 

・生活習慣によるもの

 

加齢でもお話した通り、動脈硬化はEDに大きな影響を与えます。この他には糖尿病もEDの原因となり、高血糖が続くことで血管や神経に障害が起きることから勃起にも影響します。

 

・怪我や薬の影響によるもの

 

怪我や生活習慣病以外の病気が原因で勃起不全などのEDに陥ってしまうこともあります。病気が原因の場合は中でも比較的多いのが前立腺関係の病気による影響であり、前立腺が肥大化したり、がん細胞ができたりすることで前立腺付近の血管や神経が圧迫されてしまい海綿体に血液が流れ込みにくくなってしまうことで勃起に影響することになります。
怪我の場合は精髄の損傷や骨盤外傷などが原因となることがあります。脊髄には多くの神経が通っていることからその中には勃起に関係する神経も存在しています。こういった神経が傷ついてしまうと勃起が上手くいかなくなってしまいます。
また病気や怪我の治療のために服用している薬の副作用によって勃起不全になることもあります。例えばうつ病の治療に使用する抗不安薬は精神や筋肉を弛緩させる効果があるので性的な興奮を感じにくくなり、勃起が難しくなります。